お家で映画もドラマもアニメも見放題!

動画生活はじめました。

タブレットで動画見放題のイメージ画像

vodとは

あなたにピッタリの定額で見放題のおすすめ動画配信サービスはコレ!

更新日:

月額定額で見放題の動画配信サービスといっても、いくつかの会社によってそれぞれ特徴あるサービスがあります。

海外ドラマも日テレ系番組にも強いHuluや、月額500円という低価格で見放題のdTV、見放題コンテンツだけでなくその都度課金で最新作も視聴可能で人気雑誌も読み放題のU-NEXT、Amazonのサービスを最大限利用でき月あたりの料金も300円程度と割安なAmazonプライムといったように、ざっと紹介するだけでもコレだけの特色あるサービスがあります。

そもそも、どのサービスがいいかは人それぞれ条件によって変わってきます。
奥さん子どもさんがいるお父さんにとってベストのサービス、独身男性にとってベストのサービス、暇つぶしの方法を探している人にとってベストのサービス。それぞれに合ったおすすめのサービスがあります。

それはそうです。どのサービスも同じようなものだったら、あなたがどれを選ぶかとても困ってしまうでしょう。

たくさんあって迷ってしまいそうですが、定額で見放題の動画配信サービスはそれぞれ特色があります。あなたに合うものがきっと見つかるはずです。

ということで、当サイトがおすすめするサービスを紹介していきたいと思います。
どれも基本的な機能しっかりした、おすすめのサービスを選びました。

おすすめの選び方

こうした月額料金が定額で見放題の動画配信サービスは無料の動画配信サービス(YouTubeやTVer,AbemaTVなど)とは違い、好きなときに好きな動画を見ることができ、CMが間に流れないといったメリットが共通しています。これに加え、各サービスごとに特徴がありサービスは利用する人が何を求めているかによっておすすめのサービスが変わります。

例えば、料金の高い安い、配信コンテンツの量や種類、どんなデバイスを利用できるのかといった違いがありますが、この中で何を重視するかは人それぞれ。料金が安いのがいい人、安くても見たいものがないと意味がないから見たい動画があるかどうかが重要という人、いま持っているゲーム機を利用してTVで見たいという人など選び方は様々なのです。

配信されている動画

一番のおすすめな選び方はこれ。配信されている動画は関係ないというのはあり得ません。この条件が満たされている上で、他の金額などの条件を選ぶというのが基本です。

配信されている動画といっても、サービスによってそんなに違うの?と思うかもしれません。
これがかなり違います。各サービスで扱っているラインナップにはもちろん共通して配信されているものもあります。ですが、A社では配信されているのに、B社では配信されていない、C社では別途課金すれば視聴できるといったような違いがかなりあるのです。

特に、各サービスでは独自のオリジナルコンテンツを作成しており、このサービスでなくちゃ見ることができないといった動画もあります。例えばAmazonプライムビデオでは、ひとりの理想の男性が多数の女性からパートナーを探す恋愛ドキュメンタリー「バチェラー・ジャパン」やダウンタウンの松ちゃんによるバラエティ番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」などが有名です。

あなたがどのような動画を見たいのか、各サービスがどんな動画を配信しているのかなどを事前に確認することをおすすめします。でないと、「見るのがない」などと後になって不満を言いたくなってしまうかもしれませんよ。

価格

動画配信サービスには2つのタイプがあります。1つは月額料金(又は年額料金)を支払えば動画コンテンツが見放題になる定額制のサービスで、もう1つは動画コンテンツごとに料金を支払うペイ・パー・ビュー(pay-per-view / 略称:PPV)制のサービスです。

見放題コンテンツは旧作が中心で、PPVは新作や人気作など見放題になっていないものが中心です。

当サイトでは見放題の動画配信サービスを紹介していますが、中には見放題とPPVを併用しているU-NEXTやdTV,amazonプライムビデオなどのサービスもあります。

月額料金はAmazonプライムビデオの年額3,900円つまり月額325円相当から、雑誌読み放題がついてくるU-NEXTの月額1990円(税抜)など幅広いです。

金額差はサービスによってかなりあるので価格だけで選びたくなるかもしれませんが、上で紹介したように配信しているコンテンツも大切です。安いからといって選んだら、見たい動画がまったくなかったということもありえるのです。

月額料金が高いと感じるのであれば、「今月は時間がとれる」という時にガッツリみて、「今月はあまり見れないかも」というときは解約しておくという方法もおすすめです。長い期間をみて、どれだか支払ってどれだけ見たい動画を見ることができたのかということが重要になります。

デバイス

基本的にパソコンやスマホ・タブレットで視聴することができ、WindowsにもMacにも、AndroidにもiOSにも対応していることがほとんどです。

ですが、テレビで視聴しようと思うと、対応しているデバイスに違いが出てきます。

例えばdTVではChromecastに対応しているけどAmazonプライムビデオでは対応していないとか、PlayStation4はHuluやAmazonプライムビデオには対応しているけど、dTVやU-NEXTには対応していないなどです。

テレビのメーカーによっても、対応非対応があるのでテレビで動画配信サービスを利用する場合はそれに合ったサービスを選ぶ必要があります。

その他サービス

他にも、動画配信以外のサービスで選ぶという方法もあります。

例えばU-NEXTでは、人気雑誌が80冊以上読み放題のサービスがついてきますし、AmazonプライムビデオではいまよりもAmazonを便利に使えるサービスがついてきます。

おすすめ動画配信サービス

それでは当サイトでおすすめしている月額定額で見放題の動画配信サービスをいくつか紹介していきます。
どんな人に向いているか特徴を紹介しているので参考にしてみてください。

U-NEXT

  【U-NEXTの概要】

月額料金 1,990円(税抜)
動画本数 120,000本以上
特徴 ・家族でアカウントが分けられ便利
・有名雑誌80誌が読み放題
・新作を毎月貰えるポイントで1本は見れる
・アダルト動画も見れる

当サイトで1オシのサービスがこちらです。
U-NEXTは動画への愛が感じられるサービスです。たくさんある動画の中からあなたが選びやすいように特集を組んだり、おすすめしてくれるだけでなく、見放題の他にPPV作品(都度課金)も用意されています。そのため、旧作だけにとどまらず、新作も楽しむことができるのがメリットです。

月額1,990円(税抜き)と他のサービスよりも高めの価格設定でが、毎月1,000円分のポイントが貰え、それを利用し毎月1,2本はそのポイントで新作を見ることができてしまいます。見放題サービスは一般的にほとんどが旧作のみなので、新作に強いという点は大きなメリットです。

他にも家族で楽しむことを想定したサービス、例えば同時に別々の作品を見れたり(同時視聴可)、子どもにR指定作品を見せないようにする工夫(アカウントごとの視聴制限)、雑誌の読み放題(電子書籍サービス)といった魅力があります。家族みんなで映画を見るもよし、子どもがアニメを見ている間にパパとママは映画を視聴、おじいちゃんは自分の部屋で経済誌を読むなんてこともできてしまいます。
また、アダルト系の作品も見放題のためパパにとっても密かな楽しみにもなるかも…。

公式サイトをチェックする!

Hulu

  【Huluの概要】

月額料金 933円(税抜)
動画本数 30,000本以上
特徴 ・独自コンテンツあり
・日テレ系や海外ドラマに強い

定額で見放題の動画配信サービスと言えばHuluといってもいいくらい有名なサービスです。

そのため、対応しているデバイスも多く、支払い方法も充実しています。

もちろん、コンテンツも魅力的です。日テレ系の国内ドラマや海外ドラマに強く、Hulu独自のコンテンツも用意されています。

Huluの公式サイトはこちら。
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

dTV

  【dTVの概要】

月額料金 500円(税抜)
動画本数 120,000本以上
特徴 ・BeeTVが見れる
・価格が安く手軽に見れる
・別途課金で新作も見れる

dTVはNTTドコモが運営する定額の動画配信サービスです。
ドコモが運営しているということで、携帯がドコモじゃないといけないの?という誤解がよくありますが、携帯電話のキャリアに関係なく誰でも視聴することができます。もちろんスマホだけでなくパソコンからでも視聴は可能。

月額500円(税抜)で見放題という低価格がこのサービスの特徴。
この安さなら暇つぶしで動画を見たいと思っている人でも手が出しやすいのではないでしょうか。

見放題の作品と別に課金が必要なレンタル作品があり、見放題とPPVの2つのタイプの併用サービスです。
見放題を楽しみながら、新作を別途課金して楽しめば、もうレンタルショップでDVDを借りる必要が無いのでは?と思えるはず。

オリジナルコンテンツもあり、dTVならではのコンテンツが揃っています。beeTVも配信されているのが特徴です。

公式サイトをチェックする!

Netflix

【Netflixの概要】

月額料金 ベーシック:650円(税抜)
スタンダード:950円(税抜)
プレミアム:1,450円(税抜)
動画本数 -
特徴 ・オリジナルコンテンツが充実
・画質や同時視聴数によって料金プランが違う

最近ではテレビCMでも見かけるようになったNetflix。
後発で日本に入ってきたサービスでまだまだこれから伸びてくるであろうサービスです。

特徴は独自のコンテンツを用意しているところです。
芥川賞を受賞したピース又吉の「火花」がNetflixオリジナルドラマとして配信されています。CMでも流れていたので気になっていた人もいるはず。その他にもオリジナルコンテンツが充実しています。

料金プランは画質や同時視聴の数で3つ用意されています。
月額料金はベーシックは650円(税抜)、スタンダードが950円(税抜)、プレミアムが1,450円(税抜)となっています。

加入前にどんな動画が配信されているのかを確認できないのがマイナスポイント。

Amazonプライム・ビデオ

  【Amazonプライム・ビデオの概要】

月額料金 年会費3,900円(税込)の一括払い
※月換算325円(税込)
動画本数 -
特徴 ・価格が安い
・動画だけでなくAmazonを便利に使える

通販サイトAmazonの運営するサービスです。
他のサービスと違うのは動画配信サービスがAmazonプライムというサービスのうちの1つでしかないこと。
AmazonプライムはAmazonでの買い物を便利にできたり、100万曲以上の楽曲の中から、好みの楽曲やプレイリスト、プライムラジオが聴き放題だったり魅力的なサービスがそろっています。

Amazonをよく利用する人であれば一石二鳥も三鳥もいけてしまうサービスです。
料金は年額3,900円(税込)と月々払いではない点は使い勝手が良くないですが、月々に換算すると325円(税込)と他よりも割安です。割安だからといって侮ってはいけません。

Amazonプライムビデオの公式サイトはこちら。
Amazonプライムビデオ:31日間の無料体験

FOD - フジテレビオンデマンド

【FODプレミアムの概要】

月額料金 880円(税抜)
動画本数 2,000本以上
特徴 ・他にはないフジテレビコンテンツがある
・独自コンテンツあり
・有名雑誌80誌が読み放題
・FODプレミアム以外のコースもある

他の見放題サービスではほとんど配信されていない、フジテレビ系の放送中のドラマや過去の名作が見放題のサービスです。これだけでFODプレミアムには価値があります。ですが、フジテレビ系以外のコンテンツがいまいちなのがマイナスポイント。とはいうものの、フジテレビ系のコンテンツはビッグタイトルが多く、ラインナップを見るだけで引き付けられてしまいます。

さらに、80誌以上の人気雑誌の最新号が読み放題の電子書籍サービスもあります。

他の動画配信サービスを利用していると、フジテレビ系のドラマ見たいなと思うことがけっこうあります。でも、配信しているところがない。こうなるとFODの出番です。今月はフジテレビ系のドラマを見る!と決めて、FODに加入し集中的にドラマを見尽くすという手もおすすめです。

公式サイトをチェックする!

TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS

  【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCASの概要】

月額料金
  • 動画見放題プラン:
    月額933円(税抜)
  • 定額動画ポイント1300:
    月額990円(税抜)
  • 定額動画ポイント2600:
    月額1,980円(税抜)
  • 定額動画ポイント3900:
    月額2,970円(税抜)
  • 定額動画ポイント5200:
    月額3,960円(税抜)
動画本数 約50,000本
特徴 ・TSUTAYA TVとDISCUASの2サービス
・DVDやCDの宅配サービス

ネット配信のTSUTAYA tvと宅配サービスのTSUTAYA DISCASです。

上手く組み合わせることでデメリットをフォローしあってくれます。

ネット回線を利用した動画配信だけでなく、宅配レンタルにも対応しています。また、音楽CDの宅配レンタルができるところは他にない特徴です。

ゲオチャンネル(2017年6月30日サービス終了)

ゲオチェンネルは2017年6月30日サービス終了

  【ゲオチャンネルの概要】

月額料金 ベーシックプラン:月額590円(税抜)
オプションプラン:月額590円(税抜)
動画本数 約80,000本
特徴 オプションプランで実店舗で借りれる

オプションプランに加入すれば、実店舗で旧作のDVD&Blu-rayが1ヶ月間に最大20本までレンタル可能です。

近くにゲオの店舗があるのであれば検討の価値ありです。

他にも特徴あるサービスがあります

他にも特徴的なサービスがいくつかあります。

まとめ

紹介したサービス

このように月額定額で見放題の動画配信サービスにはたくさんのサービスが存在しています。

それぞれには特徴があり、自分に合ったサービスを探すことが大切です。

どのサービスもお試し期間があるので、まずは加入して自分に合うサービスか試してみることをおすすめします。

おすすめの定額動画サイトはコレ!

U-NEXT − 家族で楽しむならコレ!雑誌読み放題もあります!

  • 見放題(旧作)と別途課金(新作・人気作)が見れる!
  • 毎月貰える1000円分のポイントで新作・人気作が見れる!
  • 大人の動画も見れる!
  • 人気雑誌の最新号が読み放題!

U-NEXTは家族で楽しめる工夫がされています。「子どもが家でアニメを見ているとき、パパは通勤電車の中で映画を、おじいちゃんは自分の部屋で時代劇を見る」なんてこともできちゃいます。R指定など、子どもに見せたくない動画についてはロックを掛けることができるので、家族で楽しむにはもってこいのサービスです。

また、アダルト動画も約1,000タイトルが見放題と、他のサービスにはない特徴があります。もちろん、アカウントを分けることで、他の家族にバレないようにすることも可能です。

さらに、動画見放題だけでなく、人気雑誌を約80誌が読み放題のサービスが付いています。ファッション誌や経済誌、スポーツ誌など種類は様々!

定額で見放題の動画配信サービスの中では、価格は月額1,990円(税抜)と高めの設定ではありますが、特徴的なサービスが魅力のU-NEXT。31日間の無料お試しトライアルもあるので一度お試ししてみてはいかがでしょう。

Amazonプライムビデオ − 豊富なサービスが魅力!

  • 年額3,900円で見放題!(月額325円相当)
  • Amazonが今より便利に使えるようになる!
  • ここでしか見れないオリジナルコンテンツも豊富!

Amazonプライムビデオは、Amazonプライムというサービスの中のひとつに過ぎません。

普段、Amazonを利用する人であれば、加入しておくととても便利なサービスがたくさん用意されています。例えば、Amazonで購入した商品が送料無料、時間指定無料、お急ぎ便使い放題です。これだけで、Amazon利用者としてはお得です。しかもこれに加え、100万曲が聴き放題のプライムラジオ、会員限定セール、写真を無制限で保存できるプライムフォト、、、他にもいろいろなサービスが用意されています。(詳しくは公式を確認!)

このようなサービスに加えて、動画が見放題です。CMでも紹介されているダウンタウン松ちゃんの「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」や、早見あかりと市原隼人が出演する「福家堂本舗」などのAmazon独自のコンテンツも用意されています。

他のサービスではあまり見かけない「ガンダムシリーズ」が見放題なのも魅力のひとつ。

これで年会費3,900円(税込)です。一括払いではあるものの、月あたり325円(税込)という超激安が他がまねできない大きな魅力です。

-vodとは

Copyright© 動画生活はじめました。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.