お家で映画もドラマもアニメも見放題!

動画生活はじめました。

Amazon Fire TV と Fire TV Stickでテレビに映す

テレビで見るために

Amazon Fire TV と Fire TV Stickの違いを比較!これ使わないで何を使うの?

更新日:

VODサービス(動画配信サービスを)を利用するときに思うこと。それは、テレビの大きな画面で動画を見たいということではないでしょうか。

スマホやタブレット、パソコンでひっそりとではなく、家のリビングでゆったりと映画やドラマを楽しみたい。これは、映画やドラマ、アニメ好きにとっては当然の願望です。

そんな願望を叶えるもの。それが「AmazonFireTV」と「FireTV Stick」の2つです。

テレビのHDMI端子に差すだけで、簡単にテレビで動画配信サービスを利用できるこのアイテム。他にも同じような商品(Chromecastなど)がありますが、その中でも「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」は対応している動画配信サービスも多くおすすめです。

ここでは、「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」でどのようなことができるのか、利用するには何が必要か、2つの違いは何か、どちらを買えばいいのかについてご紹介します。

また、購入するときのお得情報も併せてご確認ください。

Amazon Fire TVとFire TV Stickで何ができるのか

Fire TV  (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

これが「Amazon Fire TV」です。

Fire TV Stick (New モデル)

こちらが「Fire TV Stick」。

どちらも基本的には同じようなことができます。

簡単に何ができるようになるのかを説明すると、テレビにつなげることで動画配信サービスをテレビで見ることができるようになります。

大手の動画配信サービスで「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」に対応しているのは次のサービスです。

  • Hulu
  • dTV
  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • Netflix

他にもDAZN、スポナビライブ、AbemaTVなどにも対応しています。

下の表を見れば分かるように、似たようなアイテムのChromecastやNexusPlayerと比べて対応しているサービスが多く汎用性が高いです。動画配信サービスを乗り換えたとしても、「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」を利用していれば使いまわすことができるというメリットがあります。

デバイス 対応しているサービス
GoogleChromecast Hulu / U-NEXT / dTV / Netflix
AmazonFireTV Hulu / U-NEXT / dTV / Netflix / Amazonプライム
FireTV Stick Hulu / U-NEXT / dTV / Netflix / Amazonプライム
NexusPlayer Hulu / U-NEXT / dTV / Netflix
AppleTV Hulu / dTV /
PlayStation4 Hulu / U-NEXT / Netflix / Amazonプライム
WiiU Hulu / Netflix / Amazonプライム
XBOX one Netflix

リモコンが付属しており、音声認識にも対応しているので操作も簡単です。(ただし、音声検索はAmazonビデオやプライムビデオでのみ対応しています。)

画質もきれいで「Amazon Fire TV」は4kにも対応しています。「Fire TV Stick」は1080pのフルHD(フルハイビジョン)。音質も違和感を感じることはありません。

動画見る以外の機能

見放題の動画配信サービスからはズレますが、「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」では動画を見る以外にもいろいろとできることがあります。

  • ゲーム
    「Minecraft: Fire TV Edition(有料)」や「FINAL FANTASYシリーズ(有料)」、「テトリス(無料)」なども遊べます
  • ミラーリング
    スマホやタブレットで見ている画面をテレビに映し出すことも(FireTV Stickのみ)
  • キーボード/マウス
    キーボードやマウスを使うことで操作性もアップします

YouTubeは見れない

2017年12月にGoogleから発表がありました。

2018年以降、YouTubeの動画を「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」で視聴することができなくなるとのこと。

これは、AmazonでGoogle製品を販売していないことが発端です。

現在、AmazonではGoogleのChromecastやhomeの販売をしていませんし、AmazonプライムビデオのChromecastでの視聴に対応していません。AmazonFireTVとChromecast、AmazonのEchoとGoogleHomeが競合することが理由だと思われます。

これにGoogleが反発したということです。

今後、両社の交渉がどうなるかは分かりませんが、話がまとまるまではAmazon製品でYouTubeの視聴はできなくなります。

逆にまとまれば、Amazon製品でYouTubeの視聴ができるようになる、AmazonでChromecastの販売がされる、という可能性もあります。今後の動向をチェックしたいところです。

使用方法

「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」を使うのに必要なものは次の2つです。

  • HDMI端子対応のテレビ
  • Wi-Fi環境(高速インターネット)

これさえあればOKです。

この2つがそろったら後は簡単です。

  • テレビのHDMI端子に「Amazon Fire TV」(もしくは「Fire TV Stick」)をつなげます
  • 「Amazon Fire TV」(もしくは「Fire TV Stick」)をコンセントにつなげます
  • 起動してWi-Fiをつなげます

これで完了です。

後はテレビで動画を楽しみましょう。

Amazon Fire TV と Fire TV Stickの違いは?

では、「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」はどう違うのでしょう。そして、どちらのほうがおすすめなのでしょうか。

同じようなものでも、それぞれに特徴があります。
それぞれの違いを比較して、あなたに合うものを選びましょう。

形状が違う

項目 Amazon Fire TV Fire TV Stick
サイズ 65.0 mm x 65.0 mm x 15.0 mm 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm
重さ 87.1g 32g

Amazon Fire TVは小さい箱状です。サイズはそんなに大きくはありません。これに電源ケーブルをつなげて使います。

これに対しFire TV Stickはその名の通りスティック状です。サイズはAmazon Fire TVよりもさらに小さいです。本体自体にHDMI端子が付いているので、本体をテレビに差し込みます。これに電源ケーブルをつなげます。スティック状なのでテレビに挿しづらいときのためにHDMI延長ケーブルも付属しています。

旅行先や出張先のホテルや友人の家などで使いたい場合には少しでも小さくて軽いものを選びたいもの。サイズはAmazon Fire TVもそこまで大きくはありませんが重さの差が大きいです。外に持ち出す頻度が多いのであればFire TV Stickがおすすめです。

スペックが違う

項目 Amazon Fire TV Fire TV Stick
プロセッサ クアッドコア 1.5 GHz クアッドコア 1.3 GHz
メモリ 2GB 1GB
ストレージ 8GB 8GB
音声認識リモコン あり あり
音声認識付きリモコンアプリ あり あり
ゲーム ハイパフォーマンスゲーム カジュアルゲーム
解像度 最大 4K Ultra HD 最大 1080p
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac (MIMO)
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac (MIMO)
イーサネット あり なし

大きさからも分かるように、基本的にAmazon Fire TVの方がスペックが高くなっています。

使えるアプリもAmazon Fire TVの方が多く、Fire TV Stickでは利用できないアプリがあります。ゲームを色々楽しみたい、スペックを気にすることなく使いたいという場合はAmazon Fire TVがおすすめです。

価格が違う

項目 Amazon Fire TV Fire TV Stick
価格 ¥ 8,980 ¥ 4,980

価格は倍近く違います。

ただ、安いからといって機能面で妥協すると後悔することもあります。どう使いたいか、そのためにはどちらがいいかを考えて選びましょう。

まとめ-重視するもの別おすすめ商品

  • スペック重視の人:Amazon Fire TV
  • 小ささ軽さ重視の人:Fire TV Stick
  • 持ち運ぶことが多い人:Fire TV Stick
  • ゲームを楽しみたい人:Amazon Fire TV

簡単に言えば高性能のAmazon Fire TVと持ち運びができるほど場所を取らないFire TV Stickといったところ。

動画配信サービスを利用する場合であればどちらでも特に問題はありません。ただ、今後どんどん画質が向上していったとき、FireTV Stickだと4Kに対応していないことがデメリットになる可能性もあります。(その頃には買い替えを検討すればいいかもしれませんが。)

持ち運びをするならFire TV Stickの方が便利ではあります。

ただ、スペックはAmazon Fire TVの方が高く、映画やドラマの合間にゲームなどをしようと思うとFire TV Stickでは物足りなくなるでしょう。

大切なのは何を重視するか、何を捨てるかです。

\Amazonでチェックするならこちら/

この他、類似商品としては次のようなものがあります。

  • Chromecast
  • NexusPlayer
  • AppleTV

対応している動画配信サービスの豊富さから「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」がおすすめではありますが、上記のアイテムも使い方次第で非常に便利に利用できます。ぜひ、こちらの商品もチェックしてみてください。
Chromecast(クロームキャスト)を使ってテレビの大画面でネット動画を見よう

おすすめの定額動画サイトはコレ!

U-NEXT − 家族で楽しむならコレ!雑誌読み放題もあります!

  • 見放題(旧作)と別途課金(新作・人気作)が見れる!
  • 毎月貰える1200円分のポイントで新作・人気作が見れる!
  • 人気雑誌の最新号が読み放題!

U-NEXTは家族で楽しめる工夫がされています。「子どもが家でアニメを見ているとき、パパは通勤電車の中で映画を、おじいちゃんは自分の部屋で時代劇を見る」なんてこともできちゃいます。R指定やアダルト動画など、子どもに見せたくない動画についてはロックを掛けることができるので、家族で楽しむにはもってこいのサービスです。

さらに、動画見放題だけでなく、人気雑誌を約80誌が読み放題のサービスが付いています。ファッション誌や経済誌、スポーツ誌など種類は様々!

定額で見放題の動画配信サービスの中では、価格は月額1,990円(税抜)と高めの設定ではありますが、特徴的なサービスが魅力のU-NEXT。31日間の無料お試しトライアルもあるので一度お試ししてみてはいかがでしょう。

Amazonプライムビデオ − 豊富なサービスが魅力!

  • 年額3,900円で見放題!(月額325円相当)
  • Amazonが今より便利に使えるようになる!
  • ここでしか見れないオリジナルコンテンツも豊富!

Amazonプライムビデオは、Amazonプライムというサービスの中のひとつに過ぎません。

普段、Amazonを利用する人であれば、加入しておくととても便利なサービスがたくさん用意されています。例えば、Amazonで購入した商品が送料無料、時間指定無料、お急ぎ便使い放題です。これだけで、Amazon利用者としてはお得です。しかもこれに加え、100万曲が聴き放題のプライムラジオ、会員限定セール、写真を無制限で保存できるプライムフォト、、、他にもいろいろなサービスが用意されています。(詳しくは公式を確認!)

このようなサービスに加えて、動画が見放題です。CMでも紹介されているダウンタウン松ちゃんの「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」や、早見あかりと市原隼人が出演する「福家堂本舗」などのAmazon独自のコンテンツも用意されています。

他のサービスではあまり見かけない「ガンダムシリーズ」が見放題なのも魅力のひとつ。

これで年会費3,900円(税込)です。一括払いではあるものの、月あたり325円(税込)という超激安が他がまねできない大きな魅力です。

-テレビで見るために

Copyright© 動画生活はじめました。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.